著作権の相談の司法書士

著作権と言うと、小説や漫画、アニメキャラクターなどの創作物に関する権利と思っている人が多いのではないでしょうか。

もちろんこれら創作物の無断使用、特に商業目的に許可なく使用する場合、著作権侵害を訴えられる可能性があります。

この場合と同じようにあなた自身が作成した文章や、デザイン、自分のオリジナル作品を無断で使用された場合でも著作権の侵害を訴えることができます。

司法書士ではこのような個人で作られた作品の権利を維持するため著作権登録を行なうことができます。

たとえ登録はせずとも著作権の権利は作品を作ったその時点で発生しますが、より安全に権利を守り、また譲渡など様々な問題をスムーズに解決するのに登録制度は役立ちます。

自分の作品を持っている方は一度司法書士にご相談してはいかがでしょうか。