借金の取り立てが止まる過払い請求

借金の取り立てが精神的につらいと感じている人は多くいるようですが、このような時にこそ債務整理や過払い請求を行うべきです。

弁護士や司法書士などに依頼をすれば、貸金業者などは受任通知を先ず受け取ることになるのですが、受け取った場合には返済の請求は債務者に直接できないことになっています。

ですから、債務整理や過払い請求を弁護士や司法書士に依頼することによって、和解が成立するまで督促が来ることはありません。

厳しい取り立てなどが行われることは禁止されていますから、もしそうなったときには弁護士や司法書士に相談すれば法的手段を講じてくれるでしょう。