引出物

個数が多くて軽い引き出物
祝いの席に、文句を言うというのは余り好ましくありませんが、意外に親族は終えてから後からクレームを付けるというのがよくあります。料理の次に引き出物に対してです。

この引き出物の中身の個数がとても重要で、少しでも多く欲しいという物欲と、そして持ち帰る際に適度な重さであることを要求されるのです。

今の引き出物を出す特徴としては、そのようなものがあり、重いものを持たせて帰らせないというのが心遣いになります。

とはいえ、個数が入っていないと損した気分にもなるので、ケーキや鰹節といったちょっとした物を添えます。そうすると、見栄えも良く、適度な重さになります。